シリウスの見出しのデザイン色を変える方法

シリウスの見出しのデザイン色を変える方法

シリウスの見出しには「H3」から「H6」まで用意されていますが
そのデザイン色を変えるにはどうしたら良いか?
ご説明していきます。

 

まず、このデザインは、画像で出来ていますから
カラーコードを変えるという方法は使えません。
画像ごと変える必要があります。
つまり、画像を用意しないといけないんですね。

 

ただ、シリウスの場合は、テンプレートに色バージョンが
何種類かあります。それを使うとうい方法もあります。
その方法をご紹介します。

 

このサイトの見出しのデザイン色は、「紺」ですよね。
これをピンクに変えてみますね。

 

 

「テンプレートに色バージョンが何種類かある」と言いましたよね。
で、このサイトのピンクバージョンの画像を探します。

 

パソコン内にある「ACES WEB」という「SIRIUS」が格納されているフォルダーから
下の写真の赤丸にあるように下層フォルダーに下がっていきます。

 

 

で、「img」の中」から「h3」関連の画像を
このサイト(見出しデザインを変えたいサイト)の画像フォルダーにアップロード。
上書きしますか?と聞いてきたら、「はい」。

 

注意して欲しいのは、上書きされるので、元の画像はなくなります。
バックアップを取っておいて下さいね。
そうすると、こういう感じで色が変わります。

 

 

 

また、デザイン自体を変えたい場合は
見出し背景の画像と、同じサイズの画像を自作するなりして
同じ画像名で、サイト(見出しデザインを変えたいサイト)の画像フォルダーにアップロード。

 

という流れになります。

 

 

 

 

 

 

シリウスの見出しのデザイン色を変える方法関連ページ

文字装飾の小ネタ
文字装飾のコネタです。知らなくても問題ないんだけど、知っとくと便利。そんな小ネタです。
記事の文字数カウント機能
シリウスには、記事数をカウントする機能が付いています。アドセスとか文字数を気にして記事を書いている人には便利な機能です。
記事の装飾機能が増えました
記事スタイルが大幅に追加になっています。短調になりがちな見た目を簡単に変えることが可能。試してみよう。
SIRIUSは自動でサイトマップ生成
SIRIUSは、とくに何かをしなくても勝手にサイトマップを生成してくれます。サイトマップは、訪問者にも検索エンジンにも利便性がありますから、ありがたい。
個別ページを1カラムにする方法
シリウスで個別ページを1カラムにする方法。超簡単出来ます。
サテライトサイトから画象で誘導する
シリウスの新しくなった機能を使い、サテライトサイトから誘導する方法
テーブルタグを使って簡単に商品を紹介
シリウスのテーブルタグを使って商品を紹介する方法です。
段組レアウトの作り方
シリウスの新機能、段組レイアウトの作り方を解説します。参考にして下さい。
編集画面の文字を大きくする方法
シリウスページ編集画面は、デフォルトだと字が小さいんですよね。それを大きな文字にするにはどうしたらいいのだろう?
更新情報活用術
シリウスは、ブログではなくサイトです。なので、更新頻度も少ないサイトが多いわけですが、適度に更新しているサイトなら、更新情報をうまく活用する方法があります。
カウントダウンタイマー設置の方法
シリウスでカウントダウンタイマーを設置する方法って?いやあ、実に簡単です。
Facebook「いいね!」ボタンをシリウスサイトに設置する方法
シリウスのサイトにFacebookの「いいね!」ボタンを設置できるのだろうか?その方法を模索。
シリウスのテーブルを使って、売りたい商品を比較する
サイトアフィリエイトで重要なことの一つに「商品を比較する」ということがあります。で、今回、シリウスのテーブルを使って比較してみました。
テーブル内の背景色を変える方法
シリウスで作るテーブルの内側の背景色変える方法を解説します。
自動でサイト生成先フォルダを作ってもらう裏ワザ
サイトを作ったあとのサイト生成先フォルダ。いちいちその都度、新しいフォルダーを作ることなく、シリウスに自動で作ってもらう方法。
ヘッダーにロゴ画像を表示させる方法
シリウスのヘッダーにロゴ画像を表示させる方法です。
角丸テーブルを作ってみる
角丸テーブルを作ってみようと思います。
新しいカタチのランキング
シリウスを使った新しいカタチのランキング表示です。参考程度に聞いてください。
シリウス編集機能で縦書き文字を書く
シリウスの画像編集機能を使って、縦文字を書く裏技をご紹介します。
シリウス、スマートフォンサイトをプレビューで確認する方法
シリウス上位版には、スマートフォン同時生成機能があります。で、どういったスマートフォンサイトになっているのか確認する方法

 
1番人気記事「えっ!」 2番人気記事「なぬ」 3番人気記事「マジ?」 4番人気記事「ほ〜」 5番人気記事「ワオ!」